歯科コラム

  1. 大垣市の歯医者「カルナデンタルクリニック」
  2. 歯科コラム
  3. 糸ようじ(フロス)で臭いの原因を除去しよう! 口臭を改善する使用法とは?

糸ようじ(フロス)で臭いの原因を除去しよう! 口臭を改善する使用法とは?


糸ようじやデンタルフロスというものを知っていますか?歯と歯の間を掃除する糸なのですが、毎日使用している人は少ないのではないでしょうか。
糸ようじを使用していない人、毎日使うのは面倒くさいと感じている人に、今日から使いたくなる糸ようじのメリットをお話します。

デンタルフロスとは?

デンタルフロス・糸ようじとは?

まず、デンタルフロスと糸ようじは同じ物です。
歯に挟まったものを取ることもできるのですが、デンタルフロスを使用する一番の目的は、歯と歯の隙間や歯と歯茎の隙間の歯垢を除去することです。
歯と歯の隙間は歯垢が多く残る場所なのですが、歯ブラシだけでは綺麗に歯垢を取り除くことは難しいのです。歯ブラシと一緒にデンタルフロスを使うことで歯と歯の間の歯垢を綺麗に取り除くことができ、口臭の原因になる歯垢を除去して口臭も抑えることができます。

歯間ブラシとは?


歯間ブラシとは歯ブラシよりも小さく360度植毛されている小さなブラシです。デンタルフロスと同様に歯と歯の隙間の汚れを取り除くための道具です。
L字型・I字型と2種類あり、様々な隙間の大きさに対応できるようにブラシ部分のサイズが複数あります。ご自身の隙間に適したものを使用しましょう。
どのサイズを使用したらいいか分からない時は歯科医師や歯科衛生士に相談するとご自身にピッタリ合ったサイズを教えてくれます。
歯ブラシの時にデンタルフロスと歯間ブラシを同時に使用すると、歯垢を取り除く効果をさらに発揮することができます。

歯と歯の間はとても汚れています

歯垢が残りやすい場所はどこ?

歯垢がつきやすい場所は「歯と歯の間」、「歯の根元」です。歯の根元は年とともに歯茎が下がり、特に虫歯になりやすい場所です。
歯垢を残さないように歯ブラシで一生懸命磨いても、歯ブラシでは歯と歯の間の側面や歯と歯茎の歯周ポケットの奥までは届かないため、残念ながら60%程度しか汚れが落ちず歯垢や食べかすが残ってしまいます。この取り残した汚れを糸ようじや歯間ブラシを使って綺麗に取り除きましょう。
一度、使ってみたデンタルフロスを臭ってみてください。そのデンタルフロスが臭いと感じた人は注意が必要です。口臭の原因の70%は歯の汚れと細菌が発生させる成分なのです。お口のなかに汚れや細菌が残ったままの状態が、口臭の原因になっているのです。毎日デンタルフロスや歯間ブラシを使って口臭を減らしましょう。

口臭の原因はむし歯・歯周病原因かも

口臭の原因には歯周病とむし歯が関係することもあります。

むし歯による口臭

歯磨き時の磨き残しにより、むし歯になってしまいます。むし歯になると歯に穴が開いた状態になるので食べ物などが詰まりやすくなり、繁殖した菌によって悪臭のガスが発生します。初期のむし歯はできるだけ削らない治療が行われるので、早めに治療することがお勧めです。

歯周病による口臭

歯周病菌により強い口臭が発生します。初期の歯周病はほとんど症状がなく、歯茎が少し赤く腫れたり、歯磨きの時に出血したりするなどの症状が現れます。歯周病が進行すると歯が抜けることもあるので、初期の症状がある場合は早めに歯医者を受診してください。

むし歯も歯周病も日ごろの口腔ケアで防ぐことができるので、歯磨きの時にデンタルフロス・歯間ブラシを使うことが大切です。
デンタルフロスを毎日使うと、歯と歯の間で引っかかる感じや、フロスが切れるなどの症状が確認できます。このような症状があると虫歯の初期段階である可能性が高いのでむし歯の早期発見につながります。
歯磨きの最後に殺菌入りの洗口液を使うのも口臭対策になります。

フロス(糸ようじ)の正しい使い方を覚えよう

デンタルフロスの正しい使用方法

2種類あるホルダータイプも糸まき(ロール)タイプも鏡の前で行いましょう。

ホルダータイプ


①挿入
歯と歯の間に糸を当ててゆっくりスライドさせながら通過させます。

②清掃
隣り合った歯を1歯ずつ歯の面に軽く押しつけるように上下に動かす。反対側の歯の面も同じ様にプラークをこすり取りましょう。

③歯茎の間の清掃
歯と歯茎の間もプラークがつきやすいので、優しく動かしてこすり取りましょう。

④抜く
挿入と逆方向にゆっくりスライドさせて外します。

糸まき(ロール)タイプ


①約40cmの長さに切り出します。

②左右の中指に両端を2~3回巻き付けます


③人差し指の先でフロスをピンと張り、親指と人差し指で操作します。指の間は1.5cmから2cm離してください。

④ホルダータイプの①~④と同じ様に清掃して下さい

※実際に使ってみて難しい場合は、歯科医師や歯科衛生士に使い方の相談をしてみましょう。

歯茎から出血する時

使い始めて数日は歯茎から出血する人が多くいます。デンタルフロスに血が付いている場合は歯周病の可能性があり、「怖いから触らないでおこう」とそのままにしておくと歯周病が進行してしまいます。出血した部分は特に汚れをしっかり取り除く必要があるので、より丁寧に歯ブラシをあて、毎日デンタルフロスと歯間ブラシをしましょう。
2週間しても出血が続く場合は歯磨きでは取り除くことができない歯石がついていたり、中程度の歯周病へ進行したりしているので歯医者を受診してください。

デンタルフロスを毎日使いましょう

デンタルフロスは正しく使い続ければ、むし歯や歯周病に早期に気づくことができ、口臭予防にも繋がります。
なかなか、手間がかかり使えないという人も慣れれば時間もかからず、上手に使えるようになります。数日使わないだけで再び使用した時にデンタルフロスの臭いにビックリすると思います。
毎日、寝る前の歯磨きにデンタルフロスを取り入れる習慣をつけて、健康的で爽やかな口腔内を保ちましょう。


エントリーリスト

カテゴリーリスト

©︎Carna Dental Clinic