歯科コラム

  1. 大垣市の歯医者「カルナデンタルクリニック」
  2. 歯科コラム

歯石取りの適切な頻度とは?


ご自身で毎日しっかり歯磨きをしていても、いつのまにか歯石がついてしまっていることをご存じですか?
歯を守るためには歯磨きももちろん大事ですが、歯科医院で歯石取りを受けることが歯を健康に保ち、お口の中をさらに綺麗にする秘訣になります!
歯石が発生するメカニズムやご自身に合った歯石取りの頻度をご紹介していきます。

なぜ歯石が発生するのか

よく耳にする歯石ですがどのようにできていると思いますか?
食事をした後に歯を触るとヌルヌルした汚れが付いています。その汚れは歯石の元となる歯垢(プラーク)といいます。
この歯垢が石灰化し固まると「歯石」になるのです。

歯石が溜まる原因

歯石が溜まるのは、歯磨きをしなかったり、歯磨きをしても磨き残してしまったりすることが原因になります。
歯垢が歯に付着した後、4~8時間すると少しずつ石灰化が始まり、2~3日間歯垢が付着したままになると唾液の成分によって歯石へと変化してしまいます。
歯垢は歯磨きで取り除くことができますが、2〜3日歯磨きを怠ると歯石が溜まっていき、一度ついた歯石は歯磨きでは取り除くことができなくなってしまいます。
毎日、歯磨きをして歯垢を取り除いていても、磨きにくい場所や歯ブラシが届かない所が磨き残しとなり歯石へと変化していきます。

歯石がついたままだとどうなるの?

歯石は細菌の固まりです!歯石の表面はザラザラしていて、汚れが溜まりやすく歯垢が付きやすい状態になり、細菌のすみかになりやすいです。
この歯石を放置しておくと、細菌が毒素を出し続けるので毒素により歯肉炎になり、歯肉炎がさらに進行して歯周病になります。歯周病は歯を支える骨を溶かしてしまうので、歯石を除去せず放置すると歯がグラグラし始めます。
最終的には歯を支える骨がなくなり、歯が自然と抜け落ちてしまいます。
歯石を除去せずにいると歯周病の進行だけではなく、出血やむし歯、口臭などの原因になります。

歯石取りは歯科医院に任せましょう

自分で歯石が取れるならお金をかけずに取りたいと思いますよね?
スケーラーという器具があれば歯石は自分でも取れます。
しかし、自分ではどこに歯石がついているのか判断も難しく、取り残しや奥歯など見えない部分など歯茎を傷つけてしまう危険があるので、歯石取りはプロにお任せするのが安全です!!

歯磨きで歯石を予防しましょう

どんなに頑張って歯ブラシで磨いても歯石は落ちません。
歯石をつけないために、ご自身では歯石の元である歯垢を残したままにならないように歯磨きで予防をしていきましょう。
磨き残しによる歯石の付着は防げませんが、食後に意識して磨くだけで歯石が付着する量を抑えることができるので、ご自身で行う歯磨きの時に歯間ブラシやデンタルフロスを使いきちんと歯垢を落としていきましょう。

セルフケアとプロフェッショナルケア違いって?

セルフケアとは、自分でフッ素入りの歯磨き粉を使って歯磨きなどをすることです。
また、虫歯にならないように食生活に気をつけたり、規則正しい生活習慣を身につけたりすることもセルフケアに含まれます。


プロフェッショナルケアとは国家資格をもった歯科医師や歯科衛生士が行う専門的なクリーニングです。
専門の器具を使って、歯の表面の汚れや歯と歯茎の間に溜まった歯石を除去し、歯磨きでは届かない部分の汚れも綺麗にしていきます。
患者様1人ひとりのお口の状態を診てその方に合ったクリーニングをしていき、綺麗な状態を維持できるようにアドバイスもしてくれます。

どれくらいの頻度で歯石取りをすれば良いの?

セルフケアがきちんとできている人やできていない人、現在歯周病が進行している状態の人などお口の状態は人それぞれです。
自分に合った頻度が気になる時は歯科医師に相談しましょう!

ご自身に合った頻度でプロフェッショナルケアを!

歯周病の進行度合いによって1ヶ月に一度クリーニングが必要な人や、セルフケアがきちんとできていてむし歯や歯周病の心配がなく6ヶ月に一度でも大丈夫な人もいます。

歯石になる前の歯垢を取り除くことが一番重要になるので、一般的に3ヶ月に一度の頻度でクリーニングをするとお口の中が綺麗な状態に保てます。

歯石除去の費用は?

保険診療で行うクリーニングは歯周病治療の場合です。
歯茎の検査やレントゲンを撮影して、歯科医師の診断のもと行います。軽度の歯周病の場合は2~3回程度通院が必要になります。
費用は3割負担の場合、3回の合計が歯科医院によって多少前後しますが5000円から6000円になります。

保険が効かない場合は一回で歯石を取りたい人や、歯周病の病気ではなくクリーニングをする時です。
自費診療になるので、クリーニングの内容は様々あり保険診療ではできないクリーニングもしてくれます。
歯科医院によって値段も違い10000円から20000円になります。自由診療のクリーニングを希望する時は事前に確認するのがお勧めです。

歯石防止のための正しいブラッシング指導


歯磨きを適当にして歯科医院でのクリーニング頼みにしておくと定期的に歯科医院で歯のクリーニングをしていても、歯周病がどんどん進行してしまいます。
歯科医院でのクリーニングも大事ですが、日々のセルフケアがより重要になってきます。

歯科医院では磨き残しのチェックや正しい歯ブラシの使い方、お口に合ったセルフケアの仕方もレクチャーしてくれます。

定期的にプロフェッショナルなケアを行い、毎日のセルフケアで歯垢を取り除き、健康な歯を維持していきましょう。


歯ブラシの正しい洗い方とお手入れで変わる! 歯ブラシが雑菌だらけになる理由とは?


毎日、歯を磨き終わった後、歯ブラシをどのように保管していますか?
もしかしたら、その歯ブラシには目に見えない雑菌が繁殖しているかもしれません!
歯磨きで使っている歯ブラシを雑菌が付着したままお口に使っていると衛生的によくありません。そこで、歯ブラシにも正しいお手入れ方法と保管方法があるのでご紹介していきます。

一般的な歯ブラシの雑菌の実態

歯ブラシには約1億個の雑菌が付着していて、雑菌の数は1度使うだけでトイレの便器と同じ数だと言われています。
これだけ聞くと毎回、新しい歯ブラシを使いたくなってしまいますが、なかなか毎回新品を使うことはできませんよね。
そこで、正しい歯ブラシのお手入方法と保管方法に気をつけて少しでも雑菌の繁殖を防ぎましょう。

雑菌を増やしてしまう使い方

以下の行動をしている方は要注意です

  • 歯磨きが終わった後は歯ブラシを水でサッと洗うだけ。
  • 水滴が着いた濡れたままの状態で歯ブラシを保管。
  • 別々の人が使っている歯ブラシを複数本、接触する形で保管している。
  • 新しく変えずに長期間、同じ歯ブラシを使用している。
  • 朝昼晩と同じ歯ブラシを使用している。

これらは歯ブラシの雑菌が増殖してしまう不衛生な原因です。

不衛生な歯ブラシがもたらすデメリット

毎日、綺麗に歯磨きをしていても歯ブラシに菌が付いていると大問題です。
お口の中にはもともと多くの菌がいると言われていますが、お手入れ不足の歯ブラシを使い続けると、お口の中の雑菌が増えてバランスが崩れてしまい口臭の原因やお口の不快感、歯周病にも繋がってしまいます。

以下を注意して、毎日歯ブラシのお手入れと保管をすることで、雑菌の増殖を抑えることができます。お手入れをして、歯ブラシを綺麗な状態に保ちましょう。

歯ブラシの正しい洗浄の仕方

①流水をかけてしっかりと洗う

お口の中の歯垢(プラーク)や食べかすなどを綺麗にした歯ブラシには、その汚れが残ったままになっています。
水道から強めの流水を出しながら、歯ブラシを洗って下さい。または、コップに水を貯めて歯ブラシをシャカシャカとかき回して、その後流水で洗い流して下さい。

②植毛部をよく揉むようにして洗う

歯ブラシの根元部分は汚れが落ちにくいので、食べかすが残っていないか確認しながら、指を使ってしっかり揉み洗いしましょう。
落ちにくい汚れは歯間ブラシを通して洗いましょう。そうすることで、歯間ブラシも綺麗になります。

歯ブラシを保管する3つのポイント

しっかりと乾燥させる

雑菌を残さないためには、消毒するよりも乾燥が大切です。
清潔なタオルやキッチンペーパーで水気を拭き取ります。時間があればドライヤーで完全に乾燥させると効果的です。歯ブラシによっては熱に弱い物があるので、冷風か送風で乾かすのがお勧めです。
ドライヤーが出来なくても風通しのよい所で保管しましょう。

携帯用の歯ブラシケースやほこり・汚れがつかない様にキャップをしたり、洗面台の扉を閉めて保管している人は濡れたままにするとカビの原因にもなります。雑菌を増殖させないためにもしっかり乾燥させて保管しましょう。
ドライヤーなどで乾燥させずに、1日3回、同じ歯ブラシで磨いている人は完全に乾いている時間がないので雑菌が増殖してしまいます。2本用意して交互に使うことをお勧めします。

毛先が触れ合わないように個別で管理

家族がいる人はまとめてコップなどに歯ブラシを置いている人も多いと思います。
歯ブラシが複数本触れ合う状態で保管すると雑菌が移動してしまう恐れがあり、歯ブラシを共有して使っている状態と同じになります。なるべく、歯ブラシ同士が触れ合わないように別々のコップにいれるかスタンドに入れて保管するようにしましょう。

また、コップやスタンドにも雑菌は付着しているので、そのまま歯ブラシを保管すると、せっかく乾燥させて清潔にしている歯ブラシに雑菌が移動してしまいます。

歯ブラシを衛生的に保つためにも定期的にコップやスタンドもよく洗うようにしてください。

1ヶ月に1本、新しいものに交換

同じ歯ブラシを長く使い続けると雑菌の増殖が進んでしまいます。せっかく歯を綺麗に磨いているのに虫歯になりやすくなったり、痛んだ毛先が歯茎を傷つけてしまったりすることもあります。
毎日1日3回使った場合は1ヶ月程度で交換するのが目安です。毛先が広がった歯ブラシでは歯の汚れを落とせなくなり、汚れや菌もたまってしまいます。

お口を綺麗にするための歯磨きが歯ブラシの間違ったお手入れ方法や保管方法でお口の中を汚すことになってしまいます。
歯ブラシのお手入れに気を付けながら綺麗な歯ブラシでお口の健康を維持していきましょう!


保険と自費の入れ歯の違いについて

歯を失った場合について

大垣市 歯科 カルナデンタルクリニック 篠崎です。

患者さんから質問して頂いたことから

〜保険の入れ歯と自費の入れ歯について〜

是非ご覧ください。

入れ歯には、保険でつくる入れ歯自費でつくる入れ歯に分けられます。
実際に、「入れ歯が痛い・合わない・外れる」などの悩みをもたれている方の入れ歯は保険でつくられた入れ歯がほとんどです。「調子が悪い」と歯科医師に訴えても「慣れますから」とか「保険の入れ歯ですから」といわれたことはありませんか?

保険の入れ歯には限界があります。何が限界なのでしょうか?
それは「時間」と「材料」です。

「時間」とは、診療にかけられる時間のことです。入れ歯をつくっていくには時間がかかります。それだけ手間隙をかけなければなりません。
実際に、患者さんが歯科医院におられる時間は短いかもしれませんが、その裏ではものすごく手間がかかっているのです。それでいて保険診療でいただける治療費はみなさんが思っておられるほどたくさんではありません。歯科医院としても妥協点を見出し、できるだけ効率よくつくっていかないと採算が合わないのです

また、「材料」も違ってきます。歯に引っ掛ける金具の形態、義歯の材料・設計にも決まりがあります。ゆえに強度・適合に限界があります。
材料や設計については、かなり専門的な記載になりますので、詳細は省かせて頂きますが、この材料や設計に制限があることが、保険の入れ歯にとって最も大きな欠点といえます。

人間の口は髪の毛一本はいっていただけでも感じ取ることができるほど敏感です。かまぼこを口にいれているのを想像してみてください。
・・・とてもきゅうくつな感じがしませんか?
それが保険の入れ歯です。
それに対して自費の入れ歯だと金属が使えるので、リンゴの皮ぐらいの薄さですみます。どちらを口に入れたいかはいうまでもありません

また、保険で制限された入れ歯の設計では、どうしても隣りの歯に引っ掛ける金具によって過度の負担をかけてしまい、結果として隣りの歯もダメになってしまいます.

したがって、「どうしても保険で入れ歯を作ってほしい」といわれる患者さんには、もちろん限界内で精一杯の治療をさせていただいていますが、こうした欠点もご理解いただいているのが現状です

もとより、歯をしっかりと噛み合わせたときの力は、自分の体重を支えられるくらい強いと言われています。この力は、たとえ入れ歯になっても同様にかかるため、正しい噛み合わせやその患者さんの力の入れ具合に合わせた設計などには、精密なものが要求されるのです。

大垣市 歯科 カルナデンタルクリニック 篠崎でした。



舌小帯について

妊娠前、後、子供との関連について

  大垣 歯医者 カルナデンタルクリニック 篠崎です。

 

今回は舌小帯についてです。

 

『哺乳のために、短い舌小帯を切ったほうがよいか?』

 

歯科医学的には一般的ではありません。

 

機能障害が著しい場合には、切除を行います。

 

しかし、乳児期の不確実な切除で、かえって発音障害を起こした

 

症例の報告もありますので、急ぐ必要はないかと思います。

 

ほとんどのケースで口腔筋機能療法をしていけば機能改善は望めると考えています

 

何か気になる事があればご質問してください

 

大垣 歯医者 カルナデンタルクリニック 篠崎でした

 

 



〜デンタルフロスについて〜

虫歯の話題について

  大垣 歯医者 カルナデンタルクリニック 篠崎です。

フロスを使用した方がいいですか?と患者さんからよく聞かれます

 

その答えは『是非使ってください』です。

 

特に乳臼歯の間、乳歯と6歳臼歯の間は要注意です。

 

ちなみに僕の娘は上の前歯の正中がかなり詰まっていて

 

汚れが溜まってしまいますので、フロスでしかお掃除出来ません。

 

歯ブラシのあと、必ず行っています

 

習慣がつくと子供も喜んでやらせてくれます

 

是非ご家庭でフロスを導入してください

 

子供が出来て変わったことですが

 

今までフロス指導を『3日に一回ぐらい』と伝えていました。

 

ただ、僕自身が実践できているので

 

最近では、『1日に一回夜寝る前に』と伝えています

 

頑張っていきましょう

 

大垣 歯医者 カルナデンタルクリニック 篠崎でした。



エントリーリスト

カテゴリーリスト

©︎Carna Dental Clinic